学ぶ・知る・C型肝炎




C型肝炎ウイルスの検査方法



C型肝炎ウイルス(HCV)に感染しているかどうかは、血液の検査をして調べます。
血液検査では、まずHCV抗体の有無を検査します。
HCV抗体陽性の人の中には、「現在ウイルスに感染している人」(C型肝炎ウイルス持続感染者(C型肝炎ウイルスキャリア))と「過去にC型肝炎ウイルスに感染したが治った人」(感染既往者)とがいます。
このため、現在では、C型肝炎ウイルスキャリアと感染既往者とを適切に区別するために、血液中のHCV抗体の量(HCV抗体価)を測定することと、C型肝炎ウイルスのコア抗原を検出すること、および核酸増幅検査(NAT)によりC型肝炎ウイルスの遺伝子(HCV RNA)を検出することの3つの検査法を組み合わせて判断する方法が一般的に採用されています。
なお、C型肝炎ウイルスに感染した直後では、身体の中にウイルスが存在しても、まだHCV抗体が作られていないことがありますが(HCV抗体のウィンドウ期)、これは新規のHCV感染の発生が少ないわが国ではごくまれなこととされています。



学ぶ・知る・C型肝炎